アバター

nakazo について

仲 悟志(団長・作、演出) 1970年富山県氷見市生まれ。 1995年、大阪芸術大学在学中に劇団を結成。劇作と演出を担当する。 1999年、映画監督柴田剛の長編『おそいひと』の企画と原作を担当。 2011年、富山短編映画祭の開催にあたり、短編映画制作の依頼を受けたことをきっかけに「劇団血パンダ」を結成。 以後、氷見市の商店街全体を舞台にした市街劇を皮切りに、富山県内各地の空き店舗や飲食店を利用して公演活動を行う。

ニュアンスの発見

9月末から公演の始まる『どこかで』の稽古。台本完成から3回目だろうか。
とある箇所で、二つの異なったニュアンスで進められる可能性を発見して、かなり楽しかった。
台本書いているのに、どうしてそんなことが?ということもあるかもしれないが、文字になってしまった会話の流れの妥当さなんてのはそんなものだ。
セリフを入れたら即本番みたいなことならば、こうせねばならないというものを決めて稽古に取り組むこともあるかもしれないが、普段なら、配役もギリギリまで固定せずに皆の噛み合わせを見ながら、こうして出せるニュアンスや様々な意味のパターンを発見していく中から、落ち着けていく。
今回はいつになく早々に配役を決めてしまったが、やること自体はそんなに変わっていない。
かくあるべしというゴールを決めてそこに向かっていく様な稽古しか経験が無い役者には、こういったやり方は結構戸惑われるが、どちらにしても見えてくるもの、積んでいくものはある。
演劇が発生する瞬間をどう捉えるか。場をどの様に成立させるか。コントロールできる圧力と柔軟性を求め始めると、そこそこキリがなくて、実は演劇をやっていて一番面白いのは、こうした稽古場の空気の変遷なんだが、近隣には役者しか居ないので一人でニヤニヤするしかない。

6年前に書き込んでいたこと。

ちょうど、2013年の今頃にトライアル公演『発見』を宣伝していた。
結成後に市街劇を経て初めてお客を座席に座らせての公演になる。
当時、何にも使われていなかった氷見の漁業交流館で、残された壁を利用しつつ、そこに壁面を一枚足してL字型に舞台を囲んでいた。そんな意味では血パンダはプロセニアムの公演がほぼ無い。

基本的に、役者は互いの距離感と間の中で、自分が中心になることだけを考えてせめぎ合います。
それぞれの個体差の噛み合わせで、ある程度固定されている部分はありますが、全ての回で、ニュアンスが全く違うという可能性もあります。
あるセリフを辛辣にぶつけ合った日があれば、なんとなく慰め合う様なやり取りになる日もある。
今回は、人物の背景情報少なめなので、流れの圧力をお楽しみください。

距離の取り合いと、その距離感とセリフの整合性を合わせることが稽古の大部分になっていると、プロセほど退屈な舞台と客席の関係は無いという風に感じられる。
今は、これに加えて、人が同時に言葉を口走ったり、複数のセリフ間で思考が切れていない様子というのを、台本の段階から意識して書く様になっているので、空気を詰めたり解放したりをコントロールできる幅がもう少し増えている様に思う。

とりあえず、明日を探さねばということで……。

血パンダも、なんやかんやで長く活動しておりまして、いろいろと垂れ流していかねばならんのかと考える、今日このごろ。
富山県で演劇やっていて、楽しくはあるんですが、どうしても新たな刺激に欠ける部分がありまして、なんかないかと日々考えております。
台本も、あんまりニュアンスを固定しなくても良い様に書いたりしているから、稽古も毎度楽しくはあるんですが、自分たちの演劇のやり方の根幹に関わる新発見みたいなことからは、どうも数年遠ざかっているわけです。
とりあえず、なにをどうしたものか。
ぐだぐだと書いているうちに、発見できたらラッキー程度の期待値で、ブログでも書いてみようかという次第。
思いついたら稽古場でやってみたらいいっすね。現場があるっていいものだなぁ。

血パンダホームページをリニューアル。

血パンダもそろそろ本気出していかないと、構成員の平均年齢がやばめになって参りました。
とりあえず、ホームページのリニューアルにとりかかります。
ある程度仕上がってから公開だと、永遠に切り替わらないので、見切り発車だ!明日はどっちだ!