とりあえず、明日を探さねばということで……。

血パンダも、なんやかんやで長く活動しておりまして、いろいろと垂れ流していかねばならんのかと考える、今日このごろ。
富山県で演劇やっていて、楽しくはあるんですが、どうしても新たな刺激に欠ける部分がありまして、なんかないかと日々考えております。
台本も、あんまりニュアンスを固定しなくても良い様に書いたりしているから、稽古も毎度楽しくはあるんですが、自分たちの演劇のやり方の根幹に関わる新発見みたいなことからは、どうも数年遠ざかっているわけです。
とりあえず、なにをどうしたものか。
ぐだぐだと書いているうちに、発見できたらラッキー程度の期待値で、ブログでも書いてみようかという次第。
思いついたら稽古場でやってみたらいいっすね。現場があるっていいものだなぁ。