棒読み

役者にセリフを回させなくなってからかなり経つのだけれど、演劇関係者などから「棒読み」という指摘を受けることがある。
そんなにアニメーションを見ないからなのか、どういうジャンルの演劇を見慣れたら納得がいくのかわからないのだけれど、実は「棒読み」というのがよくわからなくなってからかなり時間が経っていて、台本を読んでもらっていても、セリフ特有の節回しの、乱暴に演劇的で大雑把な記号化によるロスの方が気になってしょうがない。
そもそも、場所の規模が小さい場合には、セリフではなく、言葉が発されることで得られる効果が大きいとのではないかという疑念を模索しているうちに、ゆっくりと、なにもかも変わってしまった。

実際、今やっている稽古を振り返っても、誰かの発した何らかの言葉を聞いての反応として、このセリフが出るなら、それはそんなタイミングだろうか。セリフを言い出す前に、それを言う相手に視線がいくとしたらどんなタイミングか、そうすると呼吸はどうなりそうか。そんなことばかり見ている。
今回は特に、どの瞬間に何処を見ているのか、どうしてそこを見るのか、見て息を吸うのか、吐くのかをずっと気にしている。
こうした実際に何かを言う前の動作や、視線を持っていくタイミングの方に、多くの刺激を感じる。
日常で何気なく垂れ流している喋ることに関連して生じる情報を再把握し、誇張せずに圧縮していく作業が、模索の中心になる。

文脈とは無関係に、この日本語なら概ねこう回すというやり方の上手い下手は、結局のところ役者の個体としての圧力しか生まない。
必然的に、人としての佇まいめいたものは、概ね身体性、身体表現の様なところに頼ることになるのだけれど、特になんの照明も当たらずに熱唱しているギター弾きのオッサンの舞台映えに驚き、音楽を羨むことはあっても、そこにどんな力が働いているのかという考察は、あまりされていないのではないだろうか。

ともあれ、血パンダでは身体表現や殺陣を伴わない日常の光景に近いフィクションをやることにしている。
ならば、日常にある身体のままで、どこまで圧力のある空間を作っていくのかということを考え続けている。

9月28日から新湊の新拠点、内川Studioにて新作、『どこかで』を上演します。
各回限定20席。チケットはPeatixからどうぞ。
https://blood-panda.peatix.com/